【動画編集効率化デバイス】テンキーが使いにくい!右手でリスト文字入力しながら、他の作業は左手でボタン一つでできるようになればいいのに!

必要なだけ時間を節約できる

クリエイターは右手にマウス・ペンを持って画面を見たまま、直感的に作業が出来るようになる!

左手デバイスは、すべてのパソコンで作業するクリエイターやワーカーにとって使ったら手放せない神ツールです!

「コンソールツールって凄すぎ!ボタン一つでセットアップ完了だなんて!」

動画編集効率化デバイス


→この記事で紹介する製品の公式サイトこちら!

パソコンを使った仕事で同じ操作を繰り返す場合に簡易的な操作をできる機能、ソフトがあれば効率が良くなると思っていました。

こんな悩みはありませんか?

・右手と同時に使う場合、違う動きが上手く出来るかどうか不安
・手が小さいのでキーボードのショートカットを押すのが大変で手首が痛い
・画像編集をするのに効率的に出来ないか考えている
・パソコンでの編集で同じ作業が多く単純ミスが出て仕事に影響している
・動きを覚えるまでどれくらい時間がかかるのか
・とにかくせっかち
・画像や動画の編集に時間がかかりすぎる

そのモヤモヤをあきらめてませんか?

2時間かかっていた動画編集作業が50分で終わり、時間が有効に使えてイライラが減る

思い切って使い始めたら、仕事も生活もガラッと変わりました!

・何れモニターも2台になり違う作業も同時進行で出来るようになりバイトは行かなくてもそれに近い量の時間の節約につながると思います
・暗いトーンと陰鬱なムードという私の美学に叶った作風に仕上げられる
・ショートカットで小指を使う頻度が減って痛みがなくなった
・動画編集にはスピードが命だが編集時間を劇的にスピードアップしてくれるので動画のアップが早くなる
・時間のかかる動画のカット編集が効率化し、1日に編集できる動画数が増えて収入も増えた
・拡張デバイスで指運びに余裕ができるので、キーを正確に打てるようになる
・左手デバイスで作業効率化をすれば、時短することもできて大きく飛躍することができる

自然と笑顔になっちゃうんですよね♪

価格帯がかなり高額な部類

こんなイマイチなところ・デメリットもあるけれども…

・設定用のソフトウェアを公式サイトからダウンロードしなければならないのが手間
・7万円と非常に高価だが使いだすと便利で辞められない
・日本語の情報が少ない ⇒ ヨーロッパやアメリカでは既に普及している製品なので、日本でも今後は情報が増えてくることが見込まれる
・使い始めてすぐにブラインドでパッパと切り替えるのは難しい ⇒ 目視で操作しても十分に効率アップ
・価格が高い
・専用のケースがもう少ししっかりとしているといいなと思います。しっかりとカバーしてくれるといいと思います
・自分には使わないボタンなども多くその点はもったいなく感じる

でも、長い目でみたら…

作業により選べる機種がいろいろ揃っている

こんな良いところ・メリットがあるなら…

・[Loupedeck CT]を使うと時短になる。一見しただけでどのプリセットが画像に適合するかが正確にわかり、あとは微調整するだけで済む。
・設定ソフトもほぼ日本語対応
・編集作業でこれまでのパネルの数字を気にすることなく、画面を見て直感的に扱える
・デスクがとってもスタイリッシュになった
・動画編集ソフトのショートカットを設定したことで、多少の効率化が図れた
・タッチスクリーンと物理的ボタンで自分の使いやすいように使える
・ボタン一つで入力が済むようになるので入力時のわずらわしさから解放されると思います

なるほど!マイナスよりプラスの方が多い…♪

最後にこの製品の特徴をまとめると!

・直感的なデザインと触覚性に優れたコントロールを可能にした
・人気のクリエイティブアプリに対応したプロファイル
・MACでも使える
・写真や動画をより自然な感覚で編集できる
・プロが行う動画編集や画像編集のような環境にできる
・クリエイティブワークフローを効率化し作業時間を短縮する
・操作が複雑化するソフトウェアの直感的なコントロールを可能にする