【動画編集コントローラーmac】いちいちパソコンを手打ちでやるのは面倒でしょ?左手デバイスコンソールツールを使えば、もっと簡単にいろいろなことができるよ!

使い始めた人の多くがもうこれなしではPC操作ができない!

デスクに置いてかっこよくて、作業効率が劇的にアップするって最高じゃないですか?こんどはあなたの番ですよ!

クリエイターなら右手にマウス・ペンを持って画面を見たまま、直感的に作業が出来るようになる!

知人の仕事場で、たまたまクールなデバイスをみた。その場でデモしてもらったら脳内でアドレナリンが沸騰した!

左手デバイスは、すべてのパソコンで作業するクリエイターやワーカーにとって使ったら手放せない神ツール!

動画編集コントローラーmac


→この記事で紹介する製品の公式サイトこちら!

せっかちで効率的にPC操作をしたい

こんな悩みはありませんか?

・動きを覚えるまでどれくらい時間がかかるのか
・ユーチューバーだが動画編集が面倒くさくて嫌になっている
・PC作業の非効率さにイライラする
・写真の編集で同じ作業が多くそのせいで手が異常に疲れる
・左右両方の手でテンキーを押す作業ができれば入力ミスが減るのに
・テンキーなどを使用するとき、左手でも使用できるようにしたい
・10分ほどのYouTube動画を編集するだけで、10時間以上かかる

そのモヤモヤをあきらめてませんか?

仕事時間が半分なのに、収入が倍になった

思い切って使い始めたら、仕事も生活もガラッと変わりました!

・ダイレクト エディットの操作感が向上されワクワク感が止まらない
・光とムード、色の組み合わせ、補完的なコントラストだけでなく、家のラインのようなエキサイティングな幾何学的要素も私好みに仕上げられる
・拡張デバイスで指運びに余裕ができるので、キーを正確に打てるようになる
・[LOUPEDECK]の左手デバイスを使えば、これまでの作業の何倍も早くこなすことができる
・プライベートな休息の時間が確保できるようになる
・ボタンにショートカットキーを登録するだけで、覚える必要がなくなる
・マウスの操作ではできない微調整が可能になりより本物の色に近づけることが可能となる

自然と笑顔になっちゃうんですよね♪

7万円と非常に高価だが使いだすと便利で辞められない

こんなイマイチなところ・デメリットもあるけれども…

・ボタンのLEDは結構暗め
・日本語表示すると少しはみ出ることがある
・日本語の情報が少ない
・設定が難しい
・デバイスを置くための空きスペースが必要
・文字の上の部分だけ暗かったり、LEDのバランスが整っていない
・試用の制度がないので購入前に自分に合うかどうか判断しなくてはならない

でも、長い目でみたら…

PC作業が圧倒的にラクになる

こんな良いところ・メリットがあるなら…

・左手デバイスコンソールツールはいくつかのメーカーがありますが作業者の需要に合わせた製品が選べるところがいいと思いました。
・マイクロソフトフライトシミュレーター2020に使用していますが、素晴らしいです!
・動画編集ソフトのショートカットを設定したことで、多少の効率化が図れた
・クリエイティブワークフローの効率化
・一日中キーボードをいじる必要がなくなり、ワコム タブレットを使用しているような感覚になる
・キーが多少大きめなのが使いやすい
・[Loupedeck CT]を使うと時短になる。一見しただけでどのプリセットが画像に適合するかが正確にわかり、あとは微調整するだけで済む。

なるほど!マイナスよりプラスの方が多い…♪

最後にこの製品の特徴をまとめると!

・キーボードやマウス、編集ソフト、配信ソフトなどと並べて使用する事が出来る
・自分の編集プロセスを完全に分解し、微調整して、[Loupedeck]で再構築すればいい
・macOS 10.14およびWindows 10で動作する
・ソフトウェアとの深いレベルでの統合、シームレスなコントロール、直感性を重視したインターフェイスにより、完璧な編集をより早く、より簡単に実現
・複数の手順をマクロ化して登録できる
・以前はマウスが必要だったすべてのステップを[Loupedeck CT]だけで実行できる
・日本語サポートあり