【LoupedeckLives価格】そのショートカットキー面倒じゃないですか?もっと簡単にできますよこのデバイスがあれば!

そろそろ片手だけは卒業してレベルアップの時期では?

クリエイターは右手にマウス・ペンを持って画面を見たまま、直感的に作業が出来るようになる!

左手デバイスは、すべてのパソコンで作業するクリエイターやワーカーにとって使ったら手放せない神ツールです!

「コンソールツールって凄すぎ!ボタン一つでセットアップ完了だなんて!」

LoupedeckLives価格


→この記事で紹介する製品の公式サイトこちら!

左手デバイスを使って、便利に良い配信をしたい

こんな悩みはありませんか?

・画像や動画の編集に時間がかかりすぎる
・マウスとキーボードの処理が混ざるので、早くキーが打てない
・パソコンゲームを楽しむ人にとてもおすすめ
・左右両方の手でテンキーを押す作業ができれば入力ミスが減るのに
・複雑ではない直感的な操作をしたい
・左手デバイスを使って、便利に良い配信をしたい
・PCゲームやイイラストデザイン制作作業に役立つ『左手デバイス』がないので、いちいち持ち返るのが面倒だった

そのモヤモヤをあきらめてませんか?

綺麗なデバイスで、見ているだけで机の上が映える

思い切って使い始めたら、仕事も生活もガラッと変わりました!

・クライアントからのオファー殺到
・単純作業にかかる時間が減り、作品のクオリティを高める作業に時間を使うことができるようになる
・画像に私の独自のスタイルを与えられる
・画像の合成編集中にマウスから手を離すのも嫌い。[Loupedeck]を使用している間は、マウスから手を離す必要はほとんどない
・クリエイターとして独立
・1日2時間だけ働いて、あとは趣味の生活になった
・左手だけで作業が完結出来るようになり、作業が苦痛から楽しく変わる

自然と笑顔になっちゃうんですよね♪

ソフトウェアが不安定 ⇒ 本体を接続し直すかソフトウェアの再起動で対応。メーカーのソフトウェアアップデートも期待できる

こんなイマイチなところ・デメリットもあるけれども…

・7万円と非常に高価だが使いだすと便利で辞められない
・ソフトウェアが不安定 ⇒ 本体を接続し直すかソフトウェアの再起動で対応。メーカーのソフトウェアアップデートも期待できる
・価格が高い
・日本語の情報が少ない ⇒ ヨーロッパやアメリカでは既に普及している製品なので、日本でも今後は情報が増えてくることが見込まれる
・ボタンのLEDなんかは結構暗い
・Photoshopを起動する度に、PSで[Loupedeck]にログインしないといけない
・製品の細かな機能の説明、初心者でもわかるような使用例があればよいとおもいました。動画などでの商品使用例があればわかりやすいと思いました。

でも、長い目でみたら…

直感性を重視したインターフェイス

こんな良いところ・メリットがあるなら…

・デザインがお洒落でテクノロジーの進化を感じさせる。ボタン一つで、いろんな作業ができる点が便利で良い。動画の編集も操作性が高そう。人間工学に基づいたデザインは、左手でも左右両手でも使い易そう。
・編集作業でこれまでのパネルの数字を気にすることなく、画面を見て直感的に扱える
・[Loupedeck CT]によって合成編集が簡単になった
・編集結果が気に入るまで、たくさん試めせる
・操作しているソフトを切り替えると、対応した設定に自動で切り替わる
・タッチパネルは快適
・一日中キーボードをいじる必要がなくなり、ワコム タブレットを使用しているような感覚になる

なるほど!マイナスよりプラスの方が多い…♪

最後にこの製品の特徴をまとめると!

・補助的に使える
・公式サイト購入は無料配送
・[Loupedeck Live S]は、シリーズ史上の低価格
・クリエイティブワークフローを効率化し作業時間を短縮する
・[Loupedeck]のダイヤルでブラシのサイズと羽毛を制御できる
・直感的なデザインと触覚性に優れたコントロールを可能にした
・キーボードやマウス、編集ソフト、配信ソフトなどと並べて使用する事が出来る