【動画編集効率化デバイス】必要なだけ時間を節約できる

動画の編集が2時間⇒50分に!作業効率を上げる方法

左手デバイスは、すべてのパソコンで作業するクリエイターやワーカーにとって使ったら手放せない神ツールです!

知人の仕事場で、たまたまクールなデバイスをみた。その場でデモしてもらったら脳内でアドレナリンが沸騰した!

クリエイターは右手にマウス・ペンを持って画面を見たまま、直感的に作業が出来るようになる!

動画編集効率化デバイス


→この記事で紹介する製品の公式サイトこちら!

右手と同時に使う場合、違う動きが上手く出来るかどうか不安

こんな悩みはありませんか?

・同じ作業の仕事は外注化したいが選定するのは自分しかできないので何かいい方法はないか探している
・動きを覚えるまでどれくらい時間がかかるのか
・Photoshopの作業が苦痛だったが快適に使えるようになる
・画像編集をするのに効率的に出来ないか考えている
・ユーチューバーだが動画編集が面倒くさくて嫌になっている
・パソコンを使った仕事で同じ操作を繰り返す場合に簡易的な操作をできる機能、ソフトがあれば効率が良くなると思っていました。
・左手デバイスでおすすめがあれば、それを使ってみたい

そのモヤモヤをあきらめてませんか?

綺麗なデバイスで、見ているだけで机の上が映える

思い切って使い始めたら、仕事も生活もガラッと変わりました!

・外付けテンキーのデバイスよりも[LOUPEDECK]であれば、かなり便利に作業効率化することができる
・YouTube動画の構成が早く仕上がり、その分多くの動画撮影ができ収益に繋がる
・時間のかかる動画のカット編集が効率化し、1日に編集できる動画数が増えて収入も増えた
・一日中キーボードをいじる必要がなくなり、ワコム タブレットを使用しているような感覚になる
・ゲーム感覚でボタンに機能を設定するだけなので、PC作業を楽しくなる
・左手が利き手の場合は左手デバイスの方が使い易くて、キータッチの位置も瞬時に判断できるはず。つまり、ミスタッチが少なくなるということ。数値や文字入力のミスが極端に少なくなるので、使用者としても、使い易く感じて作業もスムーズに。作業に対する意欲もわきやすくなる。
・多くの作業が左手のアプリ操作で完了するので、作業効率が上がる

自然と笑顔になっちゃうんですよね♪

ソフトウェアが不安定な時がある

こんなイマイチなところ・デメリットもあるけれども…

・使えなくなると、作業効率が下がる
・使い慣れるまでに多少の練習とコツが必要となる
・専用のケースがもう少ししっかりとしているといいなと思います。しっかりとカバーしてくれるといいと思います
・ソフトウェアが不安定な時がある
・値段的にパソコン周りのデバイスとしては効果である
・Photoshopを起動する度に、PSで[Loupedeck]にログインしないといけない
・設定用のソフトウェアを公式サイトからダウンロードしなければならないのが手間

でも、長い目でみたら…

作業効率が大幅に上がる

こんな良いところ・メリットがあるなら…

・ソフトウェアとの深いレベルでの統合
・ゲームをしながら片手で調整機能が使える
・ボタン数が多いので思い通りの使いやすさにカスタマイズ出来る
・デザインがお洒落でテクノロジーの進化を感じさせる。ボタン一つで、いろんな作業ができる点が便利で良い。動画の編集も操作性が高そう。人間工学に基づいたデザインは、左手でも左右両手でも使い易そう。
・作業により選べる機種がいろいろ揃っている
・間違いなく爆速化します!!!
・Lightroom Classic CC向けの専用コントローラー

なるほど!マイナスよりプラスの方が多い…♪

最後にこの製品の特徴をまとめると!

・[Loupedeck]のダイヤルでブラシのサイズと羽毛を制御できる
・クリエイティブワークフローを効率化し作業時間を短縮する
・プロファイル機能がある
・最新の[Loupedeck Live S]は、クラウドファンディング(CAMPFIRE)での事前予約販売
・MACでも使える
・有線(USB-C)接続
・[Loupedeck CT]は、主要なクリエイティブソフトやストリーミングアプリに対応